本文へスキップ

広島県立海田高等学校は高い志を持ち,グローバルな視野で社会に貢献する人間性豊かな人材を育成します。

〒736-0051 広島県安芸郡海田町つくも町1番60号

きらきら未来 〜卒業生の声〜

三冠王取得に向けて

 私は,一年生の時から三冠王を取得したいと思っていました。そのために早くから様々な検定に挑戦しました。食物検定と被服検定以外にも情報検定や保育検定などといった検定も受けました。検定を受けるまでには何回も練習したり,イメージトレーニングをしたりしました。当日はとても緊張しましたが練習のかいがあって合格することができました。なかには不合格となったものもありましたが,検定を受けることはやめませんでした。

 二年生の冬には三冠王の一つである食物検定一級を受けました。テーマに沿って献立を考えるのはとても大変で時間がかかりましたが,家でもインターネットで調べるなどして献立を決めました。献立を決めてからは何から作り始めるかなど順番を決めて,何回も本番同様に練習しました。うまくいかなかったときは家でも繰り返し練習しました。

 三年生の夏では残りの被服検定洋裁一級,和裁一級を受けました。洋裁ではジャケットを製作し,和裁では浴衣の半身ごろを製作しました。事前作業にとても時間がかかり,練習する時間はあまりありませんでした。しかも真夏日に検定があり,冷房のない被服室で集中力を持続させるのは本当に大変でした。それでも時間延長を使いギリギリで仕上げました。とにかく暑くて集中力が続きにくいのですが,最後まであきらめずに頑張ることが大切だと思います。

 幸い私は,一級検定すべてに合格という嬉しい結果をもらうことができました。三年生になってから三冠すべてを取るのは大変だと思います。三冠王を取得しようと考えている人は,遅くとも二年生の冬からは挑戦した方が良いと思います。後輩の皆さんも頑張って三冠王を取得してください。応援しています。 (H.I.)


辛いこともあったからこそ

 卒業して,海田高校で過ごした3年間を振り返ると,私自身を人としてひとまわりもふたまわりも成長させてくれるものだったように思います。

 正直,1年生のときは,海田高校の勉強量の多さに押しつぶされそうになり,入学して3日ほどで「海田高校やめたい」とぼやいていました。(笑)

 しかし,そんなに精神的に最弱だった私がこうして卒業できたのは,毎日の学校生活や行事や受験を通して,勉強や人間関係などの波にもまれることで,形にはできない多くのものを得ることができたからだと思います。行事は「やった者勝ち」。積極的すぎるくらいに参加したおかげで,得たものは最も多かったと実感しています。

 辛いときは支えてくれた仲間や先生方との出会いがあったからこそ,楽しいときは最高に楽しいと感じることができました。お腹を抱えるほど笑うことができる毎日を過ごすことができ,充実しすぎた高校生活だったことは間違いありません。

 海田高校で学んだ全てのことを胸に,4月からの大学生活でさらにひとまわり成長してこようと思います。 (M.E.)


充実の3年間

 私は,海田高校で3年間過ごしてきて,たくさんのことを学び,楽しい思い出ができました。その中でも,海田高校での行事はとても盛り上がり,印象強く残っています。体育祭のダンスは,衣装も用意して本格的だし,何より全員で,全力でやったので,盛り上がりました。文化祭や合唱祭では,クラスが団結して準備や練習したことが楽しかったです。行事を通して,みんなで力を合わせてやることの楽しさや大切さを学ぶことができました。

 3年生になると,受験勉強をしないといけなかったけど,行事も頑張りました。1年間ずっと勉強だけだと,もっとつらかったと思うけど,行事は良い息抜きになりました。それに,行事によって作られたクラスの団結力は受験勉強にも良い影響を与えたと思います。

 卒業して振り返ってみると,高校生活はあっという間だったなあと感じます。勉強も大切だけど,もう戻って来ない,その一瞬一瞬を楽しんで下さい。私は,つらいことや苦しいことめあったけど,海田高校で,仲間と共に勉強とか行事とかいろんなことを頑張って本当に良かったです。  (T.U.)


受験

 私は3年間部活を続け,勉強は提出物をする程度だった。そんな私もクラブを引退し,6月頃から本格的に受験勉強に入った。6月はやっぱり遅くて,もっと早く始めるべきだったと思うけど,焦りや不安のおかげですぐにエンジンがかかったからよかったのかもしれない。

 今でも受験勉強で何が良かったのかなんて分からない。ただ,先輩達が言っていた,計画を立てるとか,単語は早くから覚えるとかいうことは,いい方法だったと思う。何が正解で,何が失敗かなんて,人それぞれに違うし,いろんなことをするうえで,より良いものに出会うと思う。私もいっぱい失敗したし,合格したからといって成功だとも思わない。ただ勉強するには根気が必要で,私は何度かくじけてしまった。やる内容が同じでも意識によって吸収量が違ったし,苦しいと思ってやってたら小さな失敗にも大きなダメージを受けたりした。こんなとき助けにも苦痛にもなるのが周りの友達が必死に勉強する姿勢であり,やらなくちゃという気持ちに戻ることができた。他にも話を聞いてくれた友達や先生,家族にも励まされたし,お守りや応援の言葉をくれる周りの人に助けられた。受験勉強を通して,勉強だけでなく,根気や周りの人たちの温かさとかも知ることができた。私にはそっちの方が大切だと思う。今回の受験でお世話になった先生や友達,家族などのたくさんの人へ,ありがとうございました。 (T.O.)


バナースペース

広島県立海田高等学校

〒736-0051
広島県安芸郡海田町つくも町1番60号

TEL (全日制)082-822-3030
   (定時制)082-822-3850
FAX 082-822-3800